T

「LINEで送る」をTitaniumで

ということで調べてみると、マニュアルが見つかりました。カスタムURLスキームが用意されていて、LINEではAndroidはローカルに保存した画像のパスを、iOSではClipboardに貼付けてClipboardの名前を渡すことで実現できるそうです。なんだ簡単、と思ったら、TitaniumではiOSのClipboardの名前が取得できないんですね。

そういえば誰かがモジュール作ってたなあ、と思って調べると、確かにありました。「TiCustomPasteboard」ですね。終了〜。と思ったら、テキストしか扱えないとのことなので、画像を扱えるようにしておきました

これで、たぶんiOSなら動くはず。

var Pb = require('jp.hsj.ticustompasteboard');
var pb = 'org.selfkleptomaniac.myapp.pb';
Pb.createPasteboard(pb);
Pb.setImage(pb, imageBlob);

var message = "言いたい事は山ほどある";
var mime = 'image/png'; //画像に合わせてね
Ti.Platform.openURL('line://' + message + '/ ' + mime + '/' + pb);

終了〜

ところが。これでおしまいと思ったら、donayamaさん曰く

ただ、名前が名前のモジュールなのでString以外の要素(Colorとか諸々)のやりとりを行えるように、いつかはしないとダメでしょうね…(^^;

とのことなので、色も扱えるようにしないといけないみたいですね。機会があったらまた今度。残念。

Posted by on 6月 20, 2013 in Titanium

コメントを残す