T

Rage Against エセ民間療法

 偶然にも二人の著名人がガンに罹患し、片方は亡くなりもう一人もすでに転移して悪化した状態だという。そして、どちらも医療を拒否し民間療法に頼るという間違いを犯した。

 うん、間違いとはっきり言い切ってしまって構わないし言い切るべきだ。

 事例はデータではない。ガンについてこれで治った、これが効いたという宣伝は必ずしもデータに依るものではない。本当なのか、他の要因はなかったのか、検討されている証拠もない。

 よく、科学は万能ではないとかいう人がいる。当たり前だ。誰もそんなことを前提になどしていない。科学への批判としてこれはそもそも理屈が成り立っていない。第一、そうでないと科学は進歩しない。

 でも、科学的手法というものはまた別の話だ。

 もちろん調査に誤りや手違いが起きることはある。当たり前だ。でも、調査そのものを慎重に設計して、十分にランダムなサンプルからデータを収集し、またそれらすべてを公開して、あらゆる方面から誰もが何度も検討することを可能にするという科学的手法そのものは、たとえ科学が万能でなくても、有効性がなくなるものではない。

 ここで少し自分語りをさせてもらいたい。いや、正確には母親のことだけれど。

 検診で母にガンが見つかり、しかもステージ4と診断されてから、世の中には民間療法の宣伝がずいぶんたくさんあることに気づいた。何気なく読んでいる新聞にも、毎日のように書籍や雑誌の見出しに見つかる。医者には行くな、抗がん剤は悪い、ダイエットでガンが治る、などなど。母はなんといっても占いとかが大好きな人だったので、もちろんちゃんとした情報にも当たっていたが、それらの変な情報もあれこれ追いかけていた。そして、有望そうなものがあれば医師にこれはどうだろう、あれはどうだろうと尋ねたりしていた。国立がんセンターの医師はインフォームドコンセントという面でもしっかりした人で、手術で取り除けない転移があること、それらを全部取ると結果生命も失うので、抗がん剤により縮小させて手術可能になったら取り除く方針であること、抗がん剤は強力な副作用もあるが、何よりどれが誰にどう効くのかは使ってみないとわからないこと、そのためにきちんと検診して効果を見極めながら治療する必要があること、などを丁寧に説明してくれたので、最初はショックだった母もた闘うか降参するかしかないことを理解し、闘うことを選択することができた。笑ってしまう人もいるかもしれないが、医師にあれやこれやの民間療法についてアドバイスを求めるのも、母にしてみれば立派な闘いだったのだ。医師はそんな母の変な質問にも、決して嘲るようなことはせず、ひとつひとつ丁寧にその矛盾や誤りを説明してくれた。一番完結な説明は、もしそれが効くと正しい手法で調査され、有意な差が認められているなら、もちろん我々は治療に採用します、というものだった。そりゃそうだよね、と母も納得していた。

 ぼくも納得した。そして、同時に強い憤りを覚えた。普段は気丈に振る舞っているが、実際には母がわなわな震えるほどの強い不安に毎日何度も苛まれているのは知っていた。それを押して週に何度も電車やタクシーで遠くの病院まで通いながら命をかけて闘っている人間に、善人面して嘘や過ちを信じさせようとあの手この手を使う連中がいる。そりゃ多少の気休めにはなるかもしれない。でも、もし誰かが心の弱さや無知からそんなものを本気で信じてしまい、積み上げられた知見から設計された医療を拒否するようになってしまったら、というかあの手の奴らの中には積極的にそういう方向に読者を誘導している輩もいるのだが、それはもう十分に殺人ではないか。生きたいという至極まっとうな欲求を貶めて金をむしり取る行為を正当化できる理由はひとつもない。そんな嘘の本で汚い金を稼いでいる出版社だって、その広告を載せているふざけた新聞だってみんな同罪だ。

 患者が納得しているならいいじゃないか、という意見に与することはできない。死というものはまたその足音を聞いたことのない者には単なる空想の産物でしかない。死に至る病を背負った人の不安なんて自分がそうなってみないとわかるわけがない。そんな状態の患者の判断を尊重するというのは、やっぱりおかしいじゃないかと思うからだ。それより何より、不安に苛まれている人が、正常な判断力を失って間違った方向に進んでしまうことを助長するあらゆる言説を支持するわけにはいかないのだ。

 ステージ4のガンが治る確率など微々たるもので、せっかく手術したって一桁台の生存率がやっと二桁になるくらいが関の山だ。だけど、母は確率もクソもない薄汚い連中の嘘ばかりの甘言に惑わされることなく、最後まで闘い、やがて治療の甲斐なくターミナルケアに移され、そこで短い生涯を終えた。ひょっとしたら、インチキ代替医療を宣伝する連中はそれ見たことかと言い立てるかもしれない。図々しい奴らだから。けれど、息子として一言いわせてもらいたいのだが、母は少なくともあいつらの勧める気休めとやらには勝ったし、今でもそれが大いに誇らしい。

 上の方で民間医療に頼ってしまった二人を、間違っていると書いたけれど、それは両人を断罪したいからでは決してない。死への恐怖は人から正常な判断力を奪い、また世の中には支えが必要なそんな状態の人たちを食い物にする鬼畜がいて、そいつらを駆逐するには、やっぱりそういうのは間違っていると常に言い立てることが必要だからだ。なので、困っている人たち、本当に助けが必要な人たちの、生きたいという願いを悪意からでも善意からでも邪魔する連中が消え去るまで続けるつもりだ。

Posted by on 9月 25, 2015 in Death, life

Comments

  • ああ より:

    片方は川島なお美だろうけどもう一人は北斗晶?
    ググっても北斗が民間療法やってたなんて情報ないんだけどソースは?

  • ああ より:

    川島と北斗の話だと思うが北斗が民間療法やってるってソースは?

  • danson より:

    こういう何かを訴える文章を書くときは読み手にわかりやすく書かなければならない。誤字が多い。すぐに改めるべし。

  • Aki Akamatsu より:

    はじめまして。超高濃度ビタミンC点滴静注療法をご紹介いたします。このアイデアは、ノーベル賞を2回受賞した、米国の故・ライナス・ポーリング博士が晩年、前世紀末に提唱したものですが、後継の研究者たちが迂闊にも、バイオアベイラビリティが限られる経口投与で再現性が見られなかったため一時、下火になっていました。しかし、高濃度のビタミンCを静脈点滴することにより、がんの新たな治療法として、優れた効果と高い安全性ならびに低コストであることが示されました。米国では、すでに1万人以上の医師たちが、この治療法を導入して成果を上げているそうです。2005年にPNAS誌に掲載された論文はこちらです:http://www.pnas.org/content/102/38/13604.full.pdf

  • y より:

    米国の医師人口はざっくり60数万人ですが、その内の1万人が、まだ大規模臨床試験でも結果が出ていないはずのビタミンCの静脈点滴をガンの治療として実施しているということですか。

    ポーリングといえばビタミンCの研究で大きな成果を残しましたが、一方で臨床データを見ても自分の研究の都合のいいようにしか解釈できなかった、一種の老害としても有名です。これなんか面白い話ですね。
    http://www.gankeijiban.com/bbs/kenkoushoku/log/1150972935.html#18

    リンクのある論文は、高濃度のアスコルビン酸(栄養素ビタミンC)がガン細胞に効果を発揮するかもしれないこととそのメカニズムを論じているもので、決して無作為二重盲検試験できちんと検証された臨床試験を通り成果が確認されたといった類のものではありません。ようするに、それだけならそこら辺にいくらでも転がっている仮説にすぎません。それどころか大規模な検証で否定されていたりもします。また、たとえそれが抗酸化酵素の少ないガン細胞に効果があるとしても、それは限られたタイプのガン細胞でしかなく、ガン自体が多種多様であることを考えれば、無意味に誤解を招く表現だと思います。

    ちなみに、超高濃度ビタミンCとか称しているものを、所詮はビタミンCなので多少摂取したところで無害ですから、高い料金を取って患者に与えているクリニックは米国に限らず日本にもたくさんあるようです。「超高濃度ビタミンC点滴静注療法」で検索してもいっぱい見つかりますね。効用としてガンの他にADHDから若返りまでいろいろな効果をうたっています。「バカにつける薬」にもなるのかもしれませんね。一説によれば風邪の引き始めに大量に摂取しておくとそうでないケースと比べて半日くらい治りが早いそうなので、財布に余裕があればやってみればいいんじゃないですか。

    でも、ガンと診断されたからといって、きちんとした医師の意見を無視してそのようなクリニックに頼るような真似は決してしないでください。

  • コメントを残す