T

まめぞうを救え!肺炎レンサ球菌との闘い

肺炎レンサ球菌という細菌があって、結構な割合で人間の体内にあるものなのだが、乳幼児や老人にとっては危険な強毒性の細菌である。 これはワクチンの接種で予防できるのだが、日本では承認されていない。Wikipediaの記事いわく:

2歳未満の乳幼児では、非蛋白抗原の免疫原性に期待できないため、23価不活化ワクチンの適応がない。このため、日本以外では多価蛋白結合肺炎球菌ワクチン(最もよく知られているものは7価)が使用されているが、日本では未承認であるから、個人輸入をしている医療機関での合法的接種が唯一の選択肢となる。

とのこと。 何がけしからんというと、うちの超絶的にかわいいまめぞうの血液の中にもこの肺炎レンサ球菌が見つかっているのだ。発症してしまうと大変なことになる。 たまたま選んだ小児科病院の医師の方が非常に丁寧で、電話で詳細な血液検査の結果を教えてくれて、肺炎レンサ球菌についても都内で数か所ワクチンを輸入している病院があることも聞くことができた。 しかし、これがいまだ無認可であることは非常に問題である。 厚生労働省に働きかけてもおそらくほとんど何も進展しないだろう。われらがゲイツ様であれば迷わず肺炎レンサ球菌をばらまいて優先順位を上げさせるだろうが、さすがにそれはちょっと難しい。市民運動もあるので署名とかで協力することはできる。 しかしだ、こういうのが本当だとすると、厚生労働省の人たちは働けといいたくもなる。というかいってやる。働け。 写真は挑発的な厚生労働省のサボタージュに怒り心頭のまめぞう。 働け!

Posted by on 4月 14, 2009 in Family, life

Comments

  • K より:

    ウィキペディアの「全身性感染症」という言葉を「全身・性感」と読んでしまって一瞬とてもビックリしてしまったのだよ。

  • miho より:

    たまたま選んだわけじゃないよ!
    ちゃんとHPとかみて、先生の治療方針に共感できたから選んだんだよ!!
    ヒブワクチンについても教えてくれたので、明日予約電話するんだ。

  • コメントを残す