T

DON’T PANIC

コンピュータのトラブルシューティングに適した性格とそうでない性格がある。まあ、態度というか姿勢といってもいいが、どちらも性格から出てくるものだから、ここではまとめて性格と呼ぶことにする。

仕事でいつも対応しているのはウェブアプリケーションのトラブルだから、ここではその話に限定する。プリンタが動かないとか、マシンが重くなったとか、そういった問題は全部再インストールすればなんとかなることだから何もかも忘れてリストアして遠くの店に昼飯でも食べに行けばいいと思う。

ウェブアプリケーションのトラブルといってもいろいろある。これまで実際に直接または間接的に経験したものでも、アプリケーションのレベルの単なる不具合から、日頃のケアを怠ったせいで累積した問題が(比喩的にいえば)爆発してサービスが提供できない状態になっていたり、はたまたデータセンタが文字通り火事になっていたり、とにかくトラブルの原因も現象も千差万別だ。

そんな日常の中で、唯一といっていいほど必ず効果的なトラブルシューティングの手法があって、この逆をやると間違いなく二次災害や余計な手間になったり、運が良くてもその場の人間をみんなうんざりさせたりするのだが、それは

パニくるな

という黄金律で、とにかくこれが出来ない人間は絶対にトラブルが発生した現場に居てはいけないし、対応するなどもっての他だ。パニックを起こす理由はいろいろある。その人が全財産を投資して構築したシステムが目の前で崩壊しているのかもしれないし、単純に持っているスキルでは何をしていいのか見当もつかないのでひたすら慌ててしまっているのかもしれない。たいした能力もなく気が小さいくせに日頃から威勢のいいことを言いふらしておのれの実力以上に自己宣伝しているので急に本番がやって来て追いつめられたのかもしれない。だが、理由はともかく、パニックを起こしても問題解決にはいっさい何も寄与しない。

それから、自分がパニックしているかどうかを自分だけで知る方法は、自分の足を引っ張って空を飛ぶのと同じ要領で、つまり存在しない。だから、トラブルが発生したときに「ちょっと黙っててもらえますか?」「うるさい」などの言葉を投げつけられたり、トラブル対応中の人に何か質問しても無視されたら、これは自分がパニックしている証拠だと考えなければいけない。もちろん、そんなことを考えられるくらい冷静なら、そもそも文句などいわれないしパニックなど起こしてはいないので、結局は何の意味もないのだけれど。

ジーン・ウルフの短編によれば、未来世界でも「はた迷惑な人」をなんとかする薬は発明されていないそうだ。さもありなん。

Posted by on 4月 29, 2009 in Books, life, Work

コメントを残す