T

shredの制限

ファイルの完全消去について調べていたらいろいろ知らないことがshredのmanに書かれていたのでメモ。

ext3の場合、rootflags=data=journalとかになっているケースではshredは期待通りの動作をしない。data=ordered(デフォルト)かdata=writebackだと問題ない。詳しくはmountのmanを参照のこと。

特定のネットワークストレージ機器やNFS3の場合、期待通りの動作をしない。

RAIDだと復元可能になることがある。

Posted by on 5月 11, 2010 in Linux, Tuit

コメントを残す