T

HomebrewのFormulaの作り方

すごい簡単なんですね。

uimの場合、1.6.0だったらダウンロードページのファイルのリンク先をコピーして

$ brew create http://uim.googlecode.com/files/uim-1.6.0.tar.gz

するだけで /usr/local/Library/Formula/uim.rb が作られる。

$cat /usr/local/Library/Formula/uim.rb
require 'formula'

class Uim <Formula
  url 'http://uim.googlecode.com/files/uim-1.6.0.tar.gz'
  homepage ''
  md5 ''

  # depends_on 'cmake'
  depends_on 'gettext' # 変えたのはここだけ

  def install
    system "./configure", "--disable-debug", "--disable-dependency-tracking",
                          "--prefix=#{prefix}"
    # system "cmake . #{std_cmake_parameters}"
    system "make install"
  end
end

gettextのところはこちら参照
以上でuimも

$ brew install uim

できるようになる。

Posted by on 10月 22, 2010 in Apple

コメントを残す