T

Titanium DeveloperでAndroid(1)

Mac OS Xでの作業を記録。

まず何より先にAndroid SDKを入手。brew からでもいいが、なんとなく、あくまでもなんとなく、ダウンロードして$HOME直下に設置。

設置したら、今度は各プラットフォーム向けコンポーネントをインストールする必要がある。ターミナルから$HOME/android-sdk-mac_86/tools/androidを起動する。

android.png

「Available packages」からAndroid Repositoryを選択して、とりあえず全部一気にインストール。

ここでちょっとした作業が必要になる。android-adk-mac_86/platform-tools以下にadbというスクリプトがあるのだけれど、これはSDKのバージョン7まではtools以下にあったらしい。Titanium Developerの作成するビルドスクリプトではまだtools以下にadbがあるものと見なしているらしく、このままではSDKの登録がエラーになってしまう。

とりあえず、手っ取り早く

ln -s $HOME/android-sdk-mac_86/platform-tools/adb $HOME/android-sdk-mac_86/tools/adb

で対処する。

update: このとき、Third party Add-onsからGoogleのレポジトリを選択して、そちらからのデータの取り込みもやっておく。地図APIなど必要なクラスライブラリがないのでデモ用のアプリケーションが動作しないのだ。

201101111424.jpg

コメントを残す