T

このサイトの外観について

この外観、いかにも腐れマカーっぽいと思われるかもしれないとは重々承知している。しかし、せめてこうでもしてやりたい気分なのだ。

今、仕事では持ち込みのMac Bookを使っている。その前は、やはり持ち込みのPowerBook G4を使っていた。それが、遂に通達が出されて、今後はDell様のノートPC、JIS配列キーボード以外を使うことはまかりならぬということになってしまった。

MacとWindowsの優劣をどうこういいたいわけではない。いや、嘘だな。正直なところ、やっぱりMac OS X上で仕事をする方が好きだし。ただ、作業環境を自分でコントロールできないのがいかに不便で感じの悪いことなのかだけでも、世の中の人たちにもっと真剣に理解して欲しいとは思う。プラットフォームの変更が決定したらどんな気分になるのか、ネットワーク管理や社内システム管理の経験があれば誰だって理解できるだろう。そして、そこから想定される問題点の洗い出しは決して完璧にならないということも。

個人的にMac Bookを使い続けたい理由はいくつかある。まず表示される文字がきれいなこと。時々、アンチエイリアスされた文字列は読みにくいという人がいるが、慣れの問題からかアンチエイリアス処理されていないギザギザ文字が読みやすいと思われたことが一度もない。逆に、何かの都合でWindowsを使っているときには、ギザギザ文字の画面でカーソルが正確に文字の右側にあるのかそれとも左側にあるのかわからなくていちいち左右に動かして確認することが結構ある。これについては異論反論も多々有るだろうが、それでも間違いなく、たいていの人はMac OS Xでウェブブラウザを立ち上げてどこかのサイトを表示させるだけで画面表示がきれいなことに驚くものだ。

それから、ウェブアプリの開発で作業するのに仕事環境と似たような作業環境を簡単に構築できるのもいい。WindowsにPHP、Apache、PostgreSQLをセットアップするのは可能なのだろうが、困ったときにどうやってソースからビルドしていいものやら見当もつかない。業務ではRedHat系のサーバを使うのだが(そういえばCentOS 5が出ましたね)、そちらに何か設置したいと思いついたら、他への影響もあるのでまずは手元でちゃちゃっと作って動作だけでも確認できる方が何かと便利だ。それに、手慣れたコマンドラインツールがそのまま揃っているのも余計なことに頭を使わなくて済むから助かる。SSHのキーをPuttyのなんかのユーティリティでどうこうする、なんて不毛すぎる。

そこでVMWare、と思った人は結構多いだろう。でも、サーバの実験ならいざしらず、日常業務で会社支給のノートPCにVMWareを入れて動かすのって本当に快適な作業環境ですか?

とかいいつつ、このMac Book上にはParallelsで動かすようにWindows XP Tablet Edition(これって中身はそのままProfessional相当なんですね)とOfficeとVisioも入れて、文書のやり取りに万が一でも問題がないようにWindows環境との互換性も確保している。しかも、全部自腹で。ついでにいうと、先日Mac Bookのメモリを2GBに増設して、HDDも160GBに交換した。会社はこの手のハードウェアについては何もサポートしてくれないし、アップグレードしたこの環境以上のものを支給してくれるわけでもないから、これは自助努力だ。それなのに今更Core Duo 2GHzのマシンがPentium Mのマシンに強制的に交換されるというのは頂けない。他の人たちの作業環境との互換性を確保するために毎日Mac OS XはWindowsと同時に動かしているが、そのための増設なだけになおさらだ。

結局、慣れの問題なんじゃないの、という人もいる。まあ、概ねその意見は正しいのだろう。しかし、3年も同じ職場にいればそこに適合しようといろいろな努力を重ねてしまうのが人間であって、プラットフォームの変更はその適合のための努力のほとんどを台無しにしてしまうという現実がある以上、慣れの問題で済ませられるだけのものとは決して言い切れないはずだ。あるいは、慣れを過小評価すると痛い目に遭うのではないか。

今回の決定の表向きの理由は、会社の情報資産管理のため社内で利用する端末は全て会社より支給されるものとするという新しい規定のためだ。しかし、この規定は開発会社の規定としては十分ではない。おそらくもっと一般的な、営業がいて企画がいて、みんなでExcelの管理帳票とWordかPowerPointの企画書を眺めたりしているようなチーム向けの規定なら、これで何ら問題はない。誤解しないでほしいのだが、別に事務仕事してる連中はDellの安物使って満足しろといいたいのではない。ただ、営業は絶対にクライアントとの間にフォーマットの互換性を確保しなければならず、それにはWindowsマシンを使うのが最も確実だというだけのことだ。一方、開発の仕事では、各作業担当者は業務効率を向上させていかに工期を削減するかを人事考課担当者との間で取り決めているのだから、自分の作業にマシンを最適化させるのは義務であって、そのためにはせめて支給されるマシンは個々で納得できるものでなければダメだ。際限なく要求を受け入れる必要はないが(AS/400を各開発担当者用個室兼作業環境にするとか)、それでもMacで環境を最適化している社員を採用するなら、移行コストを最小限にするためにMac Bookを買い与えるべきだ。それで喜ぶ幼稚なヲタならそうやって飼いならしておけばいいではないか。ただでさえ人が不足しているのだから、確保したい人材を確保するのに多少の手間を惜しでいては大局を見誤ってしまうだろう。

Posted by on 4月 15, 2007 in Apple, Work

コメントを残す