T

typusええのう

Ruby on Railsである程度アプリケーションが出来てきた(モデルの作成が終わっている)なら、面倒な管理画面はtypusで作ってしまうと楽だった。Gemfileに「gem ‘typus’」を追加してbundle installしたら

$ rails g typus

これで管理画面のセットを作成する。

$ rails g typus:migration
$ rake db:migrate

これでパスワード認証の仕組みを作成する。

$ rails g typus:views

これでview関連のファイルをapp/views以下に設置していじりたくなったらいじる。

generatorの詳細は:

$ rails generate typus:migration -h

rakeタスクの詳細は:

$ rake -T typus

Posted by on 2月 13, 2011 in Ruby

コメントを残す