T

DSを与えるべきだったのか

人類史という観点からすれば、DSの出現が人類に与えたインパクトはどうなんだろうか。

子供にDSを買い与えたことの是非について、かみさんから否定的なコメントをもらった。あれを与えた頃から、子供の遊びから想像力が失われた、とかなんとか。まあ、毎日見ているとそう思うこともあるのだろう。でも、そこから見えていない別の面の発達もあるかもしれないよ、という反論ではちょっと勝ち目がなかった。

個人的な体験を少々。子供の頃、ファミコンを買ってもらった。でも、すぐに取り上げられた。22歳になって、初めて自分でパソコンとやらを買った。当時はWindows 95かMac OSかの選択で、しかも同じ価格帯ではDX4かPowerPCかを選ぶ状況だったものだから、迷わずMacを買った。で、エミュレータでファミコンを気が狂ったように遊んだ。その後、誰かにもらったお古のマシンにVine Linuxを入れたりDebianの本を買ったりして本格的にコの世界に入った。

開発の仕事をしていると、周囲の人間は同世代でもみんな子供の頃にNECのマシンを買ってもらったり、中にはApple IIとかだったりもするが、とにかく何やらパソコンを買ってもらってそこからプログラミング体験が始まったという人がたくさんいる。正直、うらやましい話である。うちは、親父が第1回の情報処理試験の合格者だったりして、今でも仕事はエンタープライズ系のシステム関連の仕事だったりするのだが、結局最初のパソコンとやらは自分で買ったし、親父から秘伝のAPLのプログラミングとかFortranとかを教わったわけでもなく(親父は大学でAPLの開発をしていたらしい)、HTMLから始まってPerl、PHPと学んでCだのJavaだのRubyだの(すいません他にはJavascript以外はほとんど知りませんPythonならウィジェット作って遊びましたが)と独学していったわけだが、もし子供の頃にそういういわゆるコンピュータにもっと触れていたら今とは違った人生があったかもしれないな、と思うようになった。それに、今の子供たちは最初からちゃんと動くしインストールも楽勝なLinuxディストロが山ほどあって、GCCどころかFireBugだってあるわけで、だから自分たちの基準で考えていてはついていけないくらいの世界があるんじゃないかな、と思うわけだ。

でも、まあかみさんの言うことにも一理あるとは思う。昔、弟といつも寝る前に指先だけを使って、指先を人形に見立ててちょっとしたお話を作って演じる遊びをしていた。猫を飼い始めた頃だったので、それぞれの指先が猫で、その猫たちが不条理な世界で変なことをする、といった内容だ。当時まだ純朴でネット系ベンチャーの経営なんかするようになるひずんだ人間ではなかった弟も、次はどうなるの、それでどうなるの、とケタケタ笑って楽しんでいた。そういう遊びは、確かにDSの画面の中で繰り広げられる世界の前では完全に屈服せざるを得ないだろう。だって、奴ら動くし、音が出るし、続きがちゃんとあるし。

それでも、お父さんは思うのだ。DSが潰した文化があるとすれば、DSが築く文化もあるんじゃないかと。つまんないポケモンの世界にも、ひょっとしたら愉快な人格形成のヒントがあって、それで子供たちは何やら想像もつかないようなあれやこれやの内面世界を獲得し、大人になったら自分たちの想像を越えたあれやこれやになるんじゃないかと。だから、これだけはわかってほしいのだが、決してなかなか帰れないし顔を合わす機会がないから適当にDSとかを与えているんじゃなくて、もっと面白くて想像を越えたあれやこれやになってほしいからDSを買うんだ。お前の想像力を破壊するためじゃないんだぞ、息子よ。

Posted by on 5月 3, 2007 in life

Comments

  • […] DSを与えるべきだったのかちは、親父が第1回の情報処理試験の合格者だったりして、今でも仕事はエンタープライズ系のシステム関連の仕事だったりするのだが、結局最初のパソコンとやらは自分で買ったし、親父から秘伝のaplのプログラミングとかfortranとかを教わったわけでもなく(親父は大学で…はてなブックマークよりTISの岡本社長の心配事:ITproル標準(itss)や情報処理試験などを活用して、itssのそれぞれのレベルごとに料金を決めておき、このシステム構築にはitssレベル5のitアーキテクト2人など必要な技術者の人数と技術レベルを加えて総額を算出する。ユーザーとの打ち合わせで、「予算1億円で、こん…はてなブックマークよりITストラテジストを目指そう!区分は、一般的に高度情報処理試験として扱われているもののうち、論文系(午後Ⅱで論述課題が出されるもの。対になるのがテクニカル系)に属するものとなります。 ◆なぜ、論文系試験なのか? なぜ、高度情報処理試験の中で、論文系試験をお勧めするのでしょうか。二つの点から…はてなブックマークより […]

  • […] DSを与えるべきだったのかちは、親父が第1回の情報処理試験の合格者だったりして、今でも仕事はエンタープライズ系のシステム関連の仕事だったりするのだが、結局最初のパソコンとやらは自分で買ったし、親父から秘伝のaplのプログラミングとかfortranとかを教わったわけでもなく(親父は大学で…はてなブックマークより […]

  • コメントを残す