T

Titanium Mobileでアプリがリジェクト?!

Appleのアプリ検証ツールのバグでTitanium Mobileで作成されたアプリがリジェクトされるようです。回避方法が発表されていたのでざっくり訳しておきました。

再度追記:Appleが審査用ツールを更新してこの問題はなくなったそうです。もう大丈夫。

追記:なんと、この方法ではうまくいかなかったとのこと。

Update: 2:42pm 11/13/11
Appleの審査でのスキャンを回避する修正がCIサーバ上の全てのリリースブランチでご利用頂けるようになりました。こちらのビルドでアプリを再度申請して頂ければ問題を解消することが出来るはずです。ただし、現在も私たちは今後アプリが「プライベートAPIの利用」と判定されることがないよう、申請済みのアプリでこの修正をテストしています。

Update 6:11pm 11/12/11:
下記の方法では問題は解消されないことが判明しました。現在、Appleの審査で「プライベートAPI」の利用と誤判定されるのを回避できるかどうか、別の方法を内部テスト中です。ご不便をおかけしておりますが、この問題の解決を最優先として取り組んでおります。

元の投稿:
登録したアプリがプライベートなAPIを利用しているというAppleからのフィードバックについてコミュニティから何件か報告がありましたが、まだ「layout」であるとしか確認されていません。TitaniumのアプリケーションはプライベートなAPIを利用してはいないので、私たちはこれはAppleのアプリ解析ツールに何か変更があり、それが間違ってTitaniumのアプリのプロパティを検知しているのではないかと考えています。

Appleの解析ロジックにおけるこの不具合の回避方法ですが、私たちは実装ロジックから「layout」というキーワードの使用を避ける新しいビルドを用意しました。現在もこの修正が正しいものかどうかAppleのApp Storeで検証しているところです。この特別版ビルドのインストールして利用するには、下記の手順に従ってください。

今回のエラーはAppleの処理ロジックが原因でしたが、皆様がApp Storeへの登録作業を問題なく出来るようにするのが私たちの希望です。本件についてご質問、フィードバックなどございましたら、直接私(kwhinnery at appcelerator dot com)までご連絡頂ければ喜んでお手伝い致します。

というわけで、インストール方法はこちらの手順に従ってください。

Posted by on 11月 12, 2011 in Apple, Titanium

コメントを残す