T

Lavishでカラースキーム

画像のURLを指定すると、画像に使用されている主な色をprizmで解析、そこからカラースキームを作ってウェブページのテンプレートを吐き出す「Lavish」というRailsアプリケーションをTwitter経由で知ったので試してみたが、素晴らしかった。使い方は画像のURLをフォームに入力して「Go Lavish」ボタンをクリックするだけ。

モノクロ画像だとレイアウトがおかしくなったり、まだまだ熟成していないプロジェクトではあるが、開発者がちょっとしたデザイン仕事をするのには強力な手助けになってくれる。

ちなみにprizmもLavishも同じQuan Nguyenさんが作っている。素晴らしい。

Posted by on 2月 16, 2012 in Ruby

コメントを残す