T

The Yes Men、サーバ管理者とサーバを募集中

先日Exxonのパロディ製品サイトを公開したThe Yes Menが、訴訟を恐れたプロバイダより当該サイトを削除され、The Yes Men自身の活動が出来るサイトを失いそうになっている。

Yes MenのサーバはニューヨークのThing.netがホスティングしていたのだが、プロバイダであるBroadview NetworksがYes Menのサイトのいくつかを停止してさらにExxon関連のコンテンツの削除を求めているため、Thing.netはより締めつけの少ないドイツに移転することになってしまった。

そこで、The Yes Menは自分たちのサイトをホスティングしてくれる人を募集している。また、システム管理者も同時に募集中で、こちらは無給だが業務はDebianで動いているサーバを更新し、各サービスの死活監視とサービスの正常稼働を確認すること、それからサイト自体も更新されるのでそのメンテナンスができること、という条件。

また、Yes Menのような活動を支援するThing.netもシステム管理者を募集している。こちらは給料の出る仕事だ。

Posted by on 6月 29, 2007 in Linux, News

コメントを残す