T

テオ様、Core 2のバグにご立腹

Slashdotより。テオ様曰く、Intel Core 2 CPUに不具合があって、しかも攻撃に利用できるそうな。Intelは大手のBIOSベンダやOSベンダ(って何社ある?)に向けて対応方法を発表し、オンラインで読めるerrata(PDF)もあるが、オープンソース系のベンダにはちゃんと知らされていないらしい。こんな問題を前に尊師テオが黙っているはずがない。同じ文書のOpenBSD Journal版はこちら

また、DragonFly BSDのマット・ディロンことMatthew DillonもSlashdotのコメントでこの問題の詳細と深刻さ具合を説明している

Posted by on 7月 1, 2007 in News

コメントを残す