T

クラウドファンディングがうまくいかない訳

ちょっとばかり賢ぶって書いてみる。

Kickstarterに代表されるクラウドファンディングだけれど、日本ではまだこれといって成功しているといえるようなサービスがない。「これといって成功している」というのがどんな基準なのかは、いろいろあるだろうけれど、主観的なことなので面倒だから脇に除けておく。といいつつちょっと触れると、eBayが日本ではぜーんぜん成功しなかったのは、ヤフオクの成功があったために日本のユーザーがすでにヤフオクに囲い込まれていて、買いたい人は商品がいっぱい集まってそうなヤフオクにアクセスし、売りたい人は買う人がいっぱいいそうなヤフオクにアクセスするという状態になっていたからだ。あのとっても強力なeBayでさえどうしようもなかったのだから、この種の囲い込みの強力さはとってもすごい。で、さっきの話に戻ると、「日本ではまだこれといって成功しているといえるようなサービスがない」というのは、例えばKickstarterが(しばらくはないだろうけど)日本市場に参入したとき、こりゃあかんと撤退を余儀なくされるほどの強力なプレーヤーはまだ登場していない、という意味だと思ってもらえばたぶん間違っていない。

で。このクラウドファンディングというのはとっても魅力的なサービスだ。何かやりたいことがあって、アイデアやそれを実現するためのスキルはあるけど資金がない、なんて人はたくさんいそうだし、お金の使い道としてそういう人たちに資金提供して何かしらの満足とちょっとしたグッズとかを得るのは面白いと思う。もちろん世の中の全員がそう思っているわけではないけれども(そんなことってありますかね?)、少なくはないはずだ。だからクラウドファンディングはいつもそこそこ話題となるネタになっている。

でも、話題にはなっていて、そこそこ面白そうな話でもあるのに、それでもまだ成功例がない。単純に考えると、厳しい言い方をすれば、それは現在のプレーヤーたちが無能な間抜けである証拠だ。だって、実際に海外で始まったKickstarterだって日本でももうかなりの知名度があるサービスになるほど成功しているのだから、クラウドファンディングというアイデア自体が間違っているとか成功しないものであるということはないはずだ。日本の市場は特殊だから、といった論法に逃げ込むなら、まあそれはそれで結構だけど。

そんで。不思議なことに、別に日本でクラウドファンディングのサービスを立ち上げて運営している人たちは、血液型がB型の人は2億円からしか出資できないとか、キャンセルしたユーザーを片っ端から告訴するとか、そういうバカなことをしているわけでもなく、別に知的に何か大きな欠陥があるわけでもなさそうなのだ。ではいったい、何が間違っているのだろう。ぼくはお気楽で平和と音楽が好きな愉快なブロガーでしかないので、無責任なことをあれこれと考えてみよう。

あんまり難しい話は無しで、このクラウドファンディングの登場人物を挙げてみる。運営者、出資して欲しい人、出資する人の三者だ。これは役割であって、個々人がどの役割を果たすのかはそれなりに流動的だろうけれど、まあ変わることはないはずだ。この中で、いちばん運営者にお金を出してくれそうなのは誰だろう。プロジェクトじゃなくて、運営者に、ってところがミソだ。ここで出資する人、と答えた人は罰ゲームとして今から頭部が擦り切れてなくなるまでヘッドスピンしてください。そんなわけはない。出資したい人は、プロジェクトやそのメンバーに出資することに魅力を感じている人であって、だから運営者は全力を挙げてそんな人たちを獲得し、サポートしていくべき大変貴重なお客様だ。お金を払って頂くのはそれだけありがたいことなのだから当然だ。この人たちのことはいくら厚遇しても足りないくらいだ。そうじゃない。このサービスのプレーヤーを見渡せば、お金を出してくれそうな人が誰なのかはすぐにはっきりする。出資して欲しい人だ。何かをしたい、という人からお金を取るのはサービスとして最も王道に近いものなのだから。

よくいわれることだが、例えばゴールドラッシュのサンフランシスコで本当に金脈を掘り当てて成功したのはごく一部で、わざわざ遠くからやって来てもそうなれる確率はわずかなものだったけれど、そこでツルハシやジーンズなどの道具を販売する方が確実に儲かったはずだ。世の中でいちばん売れているOSではないソフトウェアは、本数でいえばきっとExcelなんだろうけれど、これも道具であって、人は決してExcelを手に入れるためにお金を出すんじゃなくて、Excelで何かするために買っているはずだ。だからあんなに高価な商品がこれだけ売れているんだろうし、買う方だって頑張れば元を取れるのだから悩んだ末に結局納得して買っている。

だから、例えばこういうクラウドファンディングはどうだろう。何か出資して欲しいネタがある人は、予定する出資総額の数%を払う必要がある。出資された金額の中からそれを支払うのではなく、このサービスを利用開始するために事前に料金を収めなければいけない。料金は50,000円未満なら一定で3,000円、それ以上は一律5%、とかでもいい。返金ポリシーとかはちょっと置いておくけれど、気軽に払えなくもないくらいがちょうどいい。クラウドファンディングはツールであって、ツールを使うにはそれなりの料金がかかる。でも、やりたいことがあってそのためにお金を集めたい、それで夢を実現したい、あるいはちょっとくらい楽に暮らせるようになりたい、と本気で考えている人にとっては、これくらいの金額なら、たいした問題ではないはずだ。頑張って元を取るどころか、儲けだって期待できるんだから。一方で、サービスを運営する人は、出資する人をただボケッと待っていたり、出資して欲しい人に宣伝を任せて飲み歩いているわけにはいかないだろう。まず、最も貴重な存在である出資する人を集めることに全精力を注がないといけない。その上で出資までに必要なクリック数を減らしたり、出資したことを記念するページを用意してクレジットを与えたり可能な限りのサポートを提供することも求められる。それだけではない。実際に自分たちにお金を払う人たちのケアも重要だ。活動が滞ったプロジェクトには定期的に出資者へのアクションを求め、現状の問題について出資者と協力し合えるようなCRM的なものを用意するのもいいだろう。出資されているプロジェクトにとってはそういった活動は全て本筋から外れたものなのだから、それはクラウンドファンディングの運営側がサポートするべきだ。ツールを提供するのだから、ツールを使う人を支援するのは当たり前じゃないか。

ところが、いくつかあるクラウドファンディングの料金や制度をみてみると、プロジェクトを企画して登録する人は別に料金を払うことはないし、出資者はプロジェクトだけではなくサービスの運営者にもお金を取られてしまう。出資者へのサポートも貧弱で、プロジェクトもケアされていない。これが各プレーヤーの望んだことではないのは明らかだ。ひょっとしたら、現在まだクラウドファンディグの成功例が日本にないのは、この辺がうまく出来ていないからなんじゃなかどうか、といのがこの文章の趣旨だ。

まとめると、クラウドファンディングにお金を払うべきなのは、プロジェクトを登録する人であって、出資者じゃない、ということだ。出資者のお金は可能な限り全額プロジェクトに流れるべきで、クラウドファンディングにとってプロジェクトを登録してくれるのはパートナー、この両者のお客様は出資者なのだ。これをベースに考えていけば、結構まだまだいけるんじゃないかと思う。

というわけで、呑気で陽気で気のいいブロガーとして、別にクラウドファンディングのサービスを立ち上げる予定はこれっぽっちもないのだけれど、もし自分だったらこうするのにな、ということを書いてみた。もちろんこれはぼくが考えたことなので、同じサービスを始めるのであれば、ぼくに顧問料として売り上げの15%ばかり上納してくれるだけでなんでも相談に乗りますですよ。

Posted by on 1月 17, 2013 in Fun

Comments

  • […] たプロジェクトオーナーが掲載する場合にある一定お金を取る仕組みはいいかなと思っています。 こちらの方の記事を参照してください。→クラウドファンディングがうまくいかない訳 […]

  • コメントを残す