T

PiLのライブはよかったのですが

Python Image Libraryじゃない方のPiL、Public Image Ltdのライブを観てきました。予報では東京は暴風雨になっているはずでしたが、なんとか持ちこたえました。直前まで北京と上海で公演があったのは報じられていたものの、日本公演はそんなに話題になっておらず心配しましたが、客の入りはそんなに悪くなかったようです。まあ、マイブラみたいに立錐の余地もないというわけにもいきませんが。それと、前回はまだみんな本当にジョン・ライドンが観られるのかと半信半疑な顔で眺めていた部分もあったような気がしたのですが、今回はもっとこなれた感じの反応をする観客が多かったように思われました。そんな人たちが帰り道にみんな口々に今日のライブはよかったと話していたのでほっとしましたよ。いや、ぼくが親心を発揮してほっとしている意味は何もないんですが、前回公演でこれまでのPiLのイメージがガラリと覆ってしまったので、2009年から始まった今のPiLがキース・レヴィン抜きで演奏するようになってから一番だと思う身としては、たくさんの人にこれを受け入れてほしいという気持ちもあるのです。

今日の演奏は2011年8月と比べるとさらにタイトになっているようでした。そりゃこなしたステージの数が違いますからね。変なところで変な音が鳴るみたいなトラブルは全然ありません。しかし、会場の方がちょっと問題で、どうも少し離れたところに居た方が音響がいいらしく、喜び勇んで最前列に行くと、そこではあんまり音が聞こえなくなる(分離が悪くなる)という、困った音響設計になっていました。ひょっとしたらステージ上も音は聞こえにくかったのかもしれません。One Dropのような最近の曲は割とかっちりと構成された演奏をしようとしていたようですが、ギターがズレたまま進行したりしていました。その辺りは、構成とか無視して適当に叫ぶだけ(褒めてます)の曲の方が演奏しやすいみたいでしたし、正直なところThis is PiLからの曲はときどき少しちぐはぐな感じもしました。あと、ジョンは前回よりも喉の調子が悪いというか、手鼻をかんでいたくらいなのでちょっと風邪をひいていたようでした。

が。

大事なことなので一回しか言いませんが、PiLのライブはよかったです。どれくらいよかったかというと、すごくよかったです。

ただ、問題があるとすれば、それを上手に言い表す語彙がぼくにはないってことなんです。2011年の来日公演も観ているわけだし、どんな演奏になるのかはだいたい予想していた通りでした。だから今さら驚きはありません。よかろうと期待して、よかったってことです。今更ティーン時代のアイドルのステージでキャーキャーいうわけでもないし、かといって、アイリッシュのジョン・ライドンが旧宗主国の女王を侮辱してその国民には胎児のセリフを叫び散らすカソリックの道徳を押し付けることの意味を深読みしてセックス・ピストルズを再評価してロッキンオンの誌面に印刷された汚れを増やすユニバーサル小姑を真似たような感想を書き散らしたいわけでもないし、えーと、なんの話してんでしたっけ。とにかく、一度は体験しておいた方がいいと思うよ。

Posted by on 4月 17, 2013 in Music

コメントを残す