T

Googleの軍門に下る

Googleアプリ独自ドメイン向けというサービスを利用することにした。このサイト用のメールアドレスもここで管理する。

サーバが自前なので、メールサーバも立ててしまえばいいのだが、ダイナミックDNSでメールサーバというのもどうかと思われるのでちょうどよい。

設定などは非常に簡単で、whoisすればわかるので公開してしまうとこのサイトはValue-Domainを使っているから、ドメインの管理画面でDNS情報にMXレコードを追加して、SOAのDNSキャッシュが書き変わるまで待てばそれで完了。おそらくGoogle側の設定が変わるだろうから下の例はあくまで例として参照してほしい。ダイナミックDNSを使っている時点でたぶんもうAレコードは設定しているだろう。そしたら、Google側の指定するMXレコードを追記してあげればそれでおしまい。赤字が追記したところ。

a * 123.456.789.0
mx ASPMX.L.GOOGLE.COM. 1
mx ALT1.ASPMX.L.GOOGLE.COM. 5
mx ALT2.ASPMX.L.GOOGLE.COM. 5
mx ASPMX2.GOOGLEMAIL.COM. 10
mx ASPMX3.GOOGLEMAIL.COM. 10
mx ASPMX4.GOOGLEMAIL.COM. 10
mx ASPMX5.GOOGLEMAIL.COM. 10

CNAMEを設定してGoogleのウェブページ公開機能を使ってもいいのだが、今のところ英語版だけらしい。これといって使う用もないので、ここでは設定していない。

Posted by on 2月 9, 2007 in Google

Comments

  • […] 前の記事でGoogleアプリ独自ドメイン向けサービスを使うようになったと書いたが、うちのISPから外部の25番ポートへの接続を禁止しているので、サーバから外にメールが出ない状態だった。もったいないのでPostfixの設定を変更。ここにとても参考になるページがある。設定が完了してメールも送信できたのだが、ログをみると、ちょっと気持ちが悪い。 Feb 19 18:51:01 localhost postfix/qmgr[28890]: 4E59018F57: from=<apache@localhost.localdomain>, size=1606, nrcpt=1 (queue active) Feb 19 18:51:01 localhost postfix/smtpd[28943]: disconnect from localhost.localdomain[127.0.0.1] Feb 19 18:51:02 localhost postfix/smtp[28947]: certificate verification failed for gmail-smtp.l.google.com: num=20:unable to get local issuer certificate Feb 19 18:51:02 localhost postfix/smtp[28947]: certificate verification failed for gmail-smtp.l.google.com: num=27:certificate not trusted Feb 19 18:51:02 localhost postfix/smtp[28947]: certificate verification failed for gmail-smtp.l.google.com: num=21:unable to verify the first certificate Feb 19 18:51:02 localhost postfix/smtp[28947]: Server certificate could not be verified Feb 19 18:51:04 localhost postfix/smtp[28947]: 4E59018F57: to=<admin@selfkleptomaniac.org>, relay=gmail-smtp.l.google.com[64.233.167.111], delay=3, status=sent (250 2.0.0 OK 1171878664 p57sm8208347pyb) Feb 19 18:51:04 localhost postfix/qmgr[28890]: 4E59018F57: removed […]

  • コメントを残す