T

逆Switchによる作業効率の低下

業務の効率化についてはだいたいこんなことがいわれている:

  • 業務の効率化は短期的には効率が落ちることが多い
  • 業務の効率化は長期的な対策なしには実現できない

例えば、プログラマの作業環境を変更する場合。今まで慣れ親しんだ環境を大幅に変更されると、代替のシステムがどんなに便利であっても、ちょっとしたことですぐに作業の効率は落ちる。メモリの増設やディスプレイの追加や交換であれば、これといって問題はなく、むしろ助かったと感謝されるだろうが、バージョン管理システムの導入や夜間ビルド、自動テストなど、開発環境には欠かせないようなものであっても、慣れ親しんだ環境を捨ててそれまでの手順と異なる作業を強いることはプログラマの負担になる。

実体験を語るのはちょっと憚られるので、例えば、平均以上の技量を持つプログラマが、普段viでコードを書いているとしよう。仮名は丸山さんでいいや。28歳、独身。痩せ形で、これといって目立つところはないが、強いて特徴をあげるとすれば、どんな暑い日でもシルクハットとお揃いの黒いビロードのスーツ姿でしか人前に出てこないWilcomユーザ。そんな丸山さんに、チームでの作業には欠かせないからという理由でコードチェックやレポジトリへの自動コミットなどなどの機能がてんこもりになったEclipseに移行してもらうとする。発案したのは丸山さんの直属の上司にあたるSEで、丸山さんとはちょっと趣味やコミュニケーションの面では難しい関係にあると感じているが、時折砂漠でラクダと話しているような気分になることを除けば、丸山さんのことは好きだし、出来ることなら夜道を歩いても通報されないくらいの時間には家に帰してあげたいと思っている。

もちろん、そのための準備としてSEは業務の合間に徹夜で資料を作成し、効率化グラフなんかをでっち上げて作業を進める承認を貰ったり、上司に予算を確保してもらったり、プログラマへの説明資料を用意していた。これが調査を含めて実働でだいたい一週間くらいの作業だから、コストはその分のSEの単価と彼の寿命、上司のミーティングの時間分の単価、それから説明会に出席する丸山さんたちプログラマの一時間分の時給の合計だ。100万には届かないが、数十万円にはなっている。哀れなSEの命はプライスレス。

説明会は順調で、丸山さんも見事な口髭に手をやりながら、遠くを見るような目でしっかり話を聞いてくれていた。SEも少しは自分が何か出来たような気がして満足した。これで明日ちょっとくらいは遅刻してもいいなら、もっと幸せなのに。ソフトウェアの導入は各プログラマが各々の環境に一時間ばかりかけてインストールする。ここでもちょっとコストがかかった。今日の作業に支障が出ないように、インストール作業は定時ちょっと前に始められ、完了したらみんな帰っていいことになっている。丸山さんはちょっと戸惑っているようだ。エディタが白い背景にカラフルな文字という組み合わせには耐えられないと、あれこれ設定をいじっている。明日からは人心一新、ジョエル・テストで3ポイントくらいアップした環境で作業を続けよう。SEは明日から業務の効率化の計測が始まるため、結局また準備で終電まで働いた。

プログラマとその作り出すプログラムのユーザに共通している点は、いくら説明を聴いてもマニュアルを読んでも、片っ端から忘れてしまうことなので、翌朝から現場にはちょっとした混乱が生じていた。説明会で話を聞いているときにはなんだかわかったような気がしたのに、いざ目の前のシステムを触る段になって、あれはどうするんだっけ、これはどうなってんだっけ、と迷ってしまう。他のプログラマたちがあくせくとマニュアルを読み返したりしている中、丸山さんはというと、独自のマクロやキーバインドが使えないので、どうにかならないかとやはりウェブや書籍とにらめっこしている。午後になっても今日のタスクに取りかかれていないらしい。やがて、諦めてようやく作業を始めるが、ため息をついたり、ティッシュを敷いてその上にコーヒーかすをもんじゃ焼きみたいに丸く集めたり、どうも集中出来ていないらしい。周囲のプログラマが徐々に作業のペースを取り戻す中、明らかに孤立してしまっている。

と、ここまで延々と書いてきて、そろそろ疲れたのでどこかの本からパクッてきたようなお話し口調を中断して、結末がどうなったかというと、だいたいこんな感じだ:丸山さんは、自分が不当な扱いを受けているような気がしてくる。他のメンバと比べても遜色ない実績をあげてきたのに、急に妙なルールを押し付けられて足を引っ張られたような気分だからだ。SEはなんとか彼を励まして、このシステムがいかに他のメンバに貢献するのか説得するが、そんなことはわかっているとしか返事をもらえないのでほとほと困り果てている。お気付きの方もいるだろうが、作業環境の変更の際、SEは自分のプランについて上司には承認をもらっているがプログラマである丸山さんには何の相談もしていないので、これはある意味当然の帰結だ。やがて、丸山さんも慣れてきて長期的な効率の向上には貢献出来るようになるのだが、なんとなく心の中に生じた嫌な感じは拭い切れない。そう、彼は上司であるSEに「恨み」の感情を持ってしまったのだ。

この「恨み」というやつは、人間のモチベーション管理の面で非常に大きな障害となるやっかいな代物だ。初めてこの「恨み」フィルタを通してで周囲を見てしまうと、周囲の人間がいかにロクでもない奴らで、自分はいったいどんなに哀れでちっぽけで無価値な存在なのだろうと思い込むようになる。不当な扱いを受けるのは、人間の合理性をなんとなく信じて生きているわれわれ人間にとって、それはそんな扱いを受けて当然のろくでなしだからだ、という結論に自然に到達するようになっている。たとえそうでないにしても、少なくとも自分以外の人間はそう思っているに違いない。だから、自分はこの職場にはフィットしない。よし、転職しよう。

こうして、丸山さんはたっぷりの有給休暇を使って、ちょっとした念願だったワードローブに立て篭って座禅を組む精神修行を始めてしまい、残されたプログラマやSEは掃除用モップをしゃぶって悲しんでいる。人が増えても業務は減らないが、人が減ると業務は確実に増えるからだ。

というわけで、悲哀の中間管理職としては、業務効率改善はいい加減には出来ないな、と思うと同時に、どうして俺はMacで仕事出来なくされてしまったんだろう、そして支給されたDELLのマシンのレジストリとやらが壊れて作成したドキュメントは消え去りディスクは認識されなくなり、再インストールとアップデートのやり直しで丸一日を無駄にして、結局最後は元のMacBookを引っ張りだしてEmobileで常時接続しながら、LANには入れない不便な環境でもなんとか仕事をやり終えて、家族にはどうせ夜中にエロサイトでも眺めて遊んでいるんだろうとそしられ、徹夜明けの朝に銀行で結んだローンの契約では最悪の選択をして、家族からは馬鹿にされ、再作成したドキュメントは間違いだらけで、心臓が涎を垂らして貧乏揺すりが止まらなくなるのでもうなんとかしてくれ。

Posted by on 9月 15, 2007 in Work

コメントを残す