T

9/23東京ドーム

先発は予想通り久保と三浦。前半から中盤までは教科書的ピッチング。どちらも、打てば腕が折れるような圧倒的な持ち球はなく(そんなものがある人間はいないが)、かといって緻密なコントロールで相手を嘲笑うようでもなく、コンビネーションで抑えている感じ。あ、もちろん三浦はさすがのコントロールという場面もあった。でも失投も多かった。

こういう試合はエラー、ホームラン、四球で展開が変わる。という言い方をする解説者はみんなただのボンクラで、これらの要素はすなわち展開が変わることそのものなのであって、よほどの打ち合いでもない限り展開には何らかの影響があるものだ。ようするに当たり前にことをしたり顔で語っているに過ぎない。

で。7回、久保がホームラン2発を浴びる。これが久保のボンクラたる所以である。優勝がかかった連戦で先発ローテーションに抜擢されて、一発だけ警戒しておけばいいバッターに一発くらって、間違ったら一発もあるかもしれないバッターに思い切り間違えて一発を食らう。本当にバカだ。2回やっとけば少なくとも笑いはとれると計算したのだろうか。久保、この回で降板。当然だ。

トイレに行く間に、AV女優を泣かせて福岡を追われた吉武が打たれながらもラッキーにも無失点に抑える。さて、問題はここからだ。

好投の三浦が、これまで11勝11敗の所以を見せつけ始める。球数からしてそろそろ苦しくなってきたところなのに、交代させてもらえない。台所事情の犠牲になったような感じだ。先頭の木村にヒット、高橋に二塁打、続く谷がライトにあわやという当たり(ランナーは二人ともタッチアップせず無得点)が続いたところですんなり交代させてもらえていれば救われたのかもしれないが、小笠原を歩かせて、これまで6打席連続三振と、ようやくバットに当てたと思ったら当てただけのセカンドゴロに終わっている脅威の四番、イ・スンヨプと勝負したのは、いささかなめ過ぎだったかもしれない。結果、見事に走者一掃の三塁打で逆転。この時点で8回なので9回表は上原が出てきて試合終了。息子は売店で試合前に買ったジャイアンツのレプリカユニフォームを小笠原から上原に交換してもらっていた。

池袋の韓国料理屋で三段腹というのを食べた。おいしかった。巨人はこういうビッグベースボールでいいんだと思う。

Posted by on 9月 25, 2007 in Baseball

コメントを残す