T

実況パワフルメジャーリーグ2

息子と一緒に「実況パワフルメジャーリーグ2Wii」で遊んでいる。息子がどうしてもというのでシーズンを戦うチームにはボストンを選んだ。息子が打撃を担当し、こちらはピッチングと守備、それからトレードやチーム編成を受け持っている。休みの日にはわざわざ早起きして息子が誘いに来るのでこちらも朝っぱらからわいわい楽しんでいる。子供にDSを与えるべきか悩んでいた頃が嘘のようだ。

以降、野球なんかどうでもいい人はスルー推奨。

最初の一ヶ月をプレーして気付いたのは、まず中継ぎ投手が弱いのと、先発ローテーションの谷間を埋めるピッチャーの力不足で、トレードで戦力補強した。ゲームのシステムとして、こちらの希望を伝えると数試合後に相手方の返事が届くようになっていて、都合よくチームを自由に編成するわけにはいかないところが面白い。スナイダーやタバレス、デルカーメン、ロペス、ロメロ、ハンサック、ギャバード、クレメントといった年俸の割にはゲームの中では使い難い連中に絞って(といってもティムリン以外のほとんどの中継ぎを放出したことになるが)トレード要員として、主に中継ぎに人材がいなくて苦労していそうなところから選手を次々と獲得した。相手の年俸が高い場合はこちらは二人放出する、といった具合にとにかく年俸を抑える。ちなみに高校時代に学校のパソコンを何十台も盗んだことがある上に新人ながらノーヒットノーランを達成したバックホルツはロースターに入っていなかった。

ゲームのシステムのせいでカーブと落ちる球が異様に有効だと判明したので、ピッチャーの補強は三振の取れる球種があるかカーブがあることを優先した。L.A.ドジャーズからは73年生まれ仲間のデレク・ロー、シンシナティからは元ボストンのブロンソン・アローヨ(音がするので注意)、オークランドからは怪我の多いカート・シリングを放出して1対3のトレードで先発のジョー・ブラントンを穫った。ローといえば150キロの落ちる球という不気味な持ち味があるのに、ゲームでは再現されていないのが残念。先発は他に先日シアトルが黒田の獲得競争を断念してトレードで獲得していたミネソタのシルヴァを穫ってみたが、今年の成績と同様にあまりずば抜けたところはないので7月末のトレード期限までに外野の控えを穫る際の駒にしようと考えている。給料も高いし。これで先発はベケット、松坂、ウェイクフィールドに加えてローとアローヨが揃い、谷間にブラントンが入ることになった。すごいメンツだが、特にウェイクフィールドはもはやナックルを投げる以外は何もしなくても誰も打てない状態で、オールスターまでに1安打完封を二度も記録して防御率も1点台なのでこれはもうゲームのシステムがおかしいとしか言いようがない。オークランドから穫った他の二人は左のワンポイントのジェイ・マーシャル(去年ウェーバー公示されたら本当にボストンに移籍した)と実績があってコントロールのいいジャスティン・デュシェラーだが、休ませながら使えば結構戦力になっている。ついでに体力が足りない岡島の補強にピッツバーグから桑田を穫ったらゲームのシステム上カーブがとても依怙贔屓されているので大成功だった。それにしてもみんな給料が安い。ゲームの最低賃金はどうやら380万ドルらしいが、血液癌を克服したジョン・レスターが同じく最低賃金ながらブラントンと並んで先発の一角に食い込んで防御率1点台という大活躍。

打撃陣はラミレスとオルティーズが強力すぎるので、主に控えの充実を目指した。アレックス・コーラ、今年の新人王チビッ子ダスティン・ペドロイア、球場の駐車場で妻と殴り合いをして逮捕されたフリオ・ルーゴの三人で回している二遊間の補強として、打撃ではオークランドからトッド・ウォーカーを、守備ではコロラドのオマール・キンタニーラを獲得。ウォーカーはファーストとサードも出来るので、かつて中村紀洋をメジャー契約の力で突き落としたとしてよく知られているドジャーズから獲得したオルメド・サインツ(今どこいったんだろ*update 2/12にメッツとマイナー契約した)とも併用して睾丸癌の経験者ローウェル四球の神ユーキリスのバックアップもできる。あとはウィリー・モー・ペーニャしかいない外野の控えが欲しいのだが、目星をつけたオークランドのトラヴィス・バックやドジャーズのアンドレ・イーザーといった若くて安くて今年活躍した選手はみんな断られてしまっているので、今はカンザスシティのマーク・ティーエンを狙っている。

もうね、夢中ですよ。気分は完全にGM。ビリー・ビーンになりきって戦ってる感じ。6回を投げるのが難しいシリングを放出してオークランドのピッチャー3人と交換したときは胸がスカッとした。これが終わったら是非、今度こそオークランドでやってみたい。

Posted by on 1月 14, 2008 in Baseball

コメントを残す