T

Inemuri nezumi diary(2008-01-03)

こっちも肝に銘じておこう。

Inemuri nezumi diary(2008-01-03):
一方で、Web application はプログラミングスキルがあまり要らないんだよね。誰かが作った API やライブラリ、何とかスクリプト、SWFなどを使えば目に見えるサービスができる。皆がスゲーと言ってくれる。アルゴリズムとか計算量とかそういう、いわゆる正規の計算機工学の勉強はほとんど必要ない。むしろ DB とかの経験やデザインのセンスが重要だ。入口は広いですよ。皆が入ってもまだ余地はある。ところで、ネズミ講でうまくやる秘訣は知ってるよね?(注:ネズミ講はillegalな行為です。逮捕されちゃうぞ)

計算機工学を活用した Web application は存在します。金を稼いでいるサービスもあれば、そうでないサービスもあります。
Web はそのうちぶっ壊れちゃうでしょう。僕の極論ですが。gopher もキャプテンもファミコントレードもみーんな消えたじゃない?白黒テレビがいつのまにかカラーテレビになったかと思ってたら、地デジなんとかじゃないと見れないんだって!とかいうことはあるのでござる。そんな感じで。もちろん、工学の進歩はゆっくりと寛容に進むので、Web が無くなる前の過渡期はあると思うけどね。今、Web アプリケーションを書いて仕事をしているひとが、気がついたら現在の Ada プログラマみたいなことになってた!なんてことはありうるんじゃないかな。それでも飯は食っていけるよ。ボーイング777 とか Ada で動いているらしいから(Wikipedia調べ)。

プログラマは二種類に分けられる:正規の計算機工学をこれからも学び続けるプログラマとそうでないプログラマ。勉強に費した投資に見合う収入は必ずしも得られるとは限らない。それが現状。僕の助言としては、くれぐれも、「声のでかい馬鹿」に騙されるなということ。Zed もそう書いてるよね。

Posted by on 1月 14, 2008 in life

コメントを残す