T

だっこ紐のサイズ

いよいよ臨月である。いつ始まってもおかしくないお産に備えて緊張の日々を送っている。

ところで、最近のだっこ紐は3ウェイだの4ウェイだの、前から後ろから横からいろんなかたちで赤ん坊を抱えられるようになっているのだが、試着してみると残念なことにどれもサイズが合わない。縦にしても赤ん坊の頭が顎のすぐ下になったり、横にしたら脇腹というより小脇に抱えるようになってしまうので、店の人もちょっと笑っている。

身長が高いというのは、ひとが思うよりも恥ずかしい目に遭うことが多くて、例えば服や靴を買いにいってぴったりのサイズがなかったりすると、店員に他のサイズがあるか何度も尋ねるのがどうにもやりきれない気がしてしまうことがある。だから靴や洋服を買うのはときどきとても苦痛だ。「日本人のサイズに合わせたなんとか」という売り文句を目にするとうんざりする。身近な人にもなかなかこの苦痛がわかってもらえないのでそれも困る。

放射能とかの影響でこの国の平均身長が2メートルくらいになっちまえばいいのに。

ベビーザラスで売られていたスウェーデンのBaby Bjornという会社の製品なら、生後すぐには使えないが、少なくともサイズには問題なかったので、赤ん坊を持ち歩けるようになったらこれを使うことにした。

Posted by on 4月 8, 2008 in Family, life

コメントを残す