T

また妻が悪口を書いてるが

夜中の1時に帰って来て、やれ医者の態度が不安を煽るだの、あれが不安でこれが不安だのといわれても、その上さらにじゃあこうすればいい、ああすればいい、と返事したらむくれて口もきかなくなってしまわれても、それでも妊婦が相手なら夫が悪いことになる。理由は、悪いからだ

もっと詳しく説明しよう。まあ、たいがい主婦の会話なんてそんなもんなのだが、問題があると相談されたらそれを解決したいと思うのは、彼女らにとってはきわめて不自然な行為であり、問題があればそれが問題であると共に認識して、ひとしきり一緒に不安がって、それから最後にでもきっと大丈夫だよ、と意味内容のほとんどない台詞で慰めることができる人物こそが、彼女らの認めるいい人であり、立派な人である。そして、すでに彼女自身が知っている解決方法を本人が口にするまで待ってから、それに賛成することが、全うな行いとして賞賛されるべき振る舞いなのだ。

さらに高等技術として、反対意見を述べるときには、これはあくまでちょっとした参考意見であって、決して貴女の人格を否定したりするものではないと周到に台詞を積み重ねて説得してから、搾り出すように(「まあ、そうだね、うん、まあ、だね、あと、うん、たとえばさ」)、断定口調を避けつつ(「○○かな?なんて思ったりして、ね?」)、捨てられた犬のごとき弱々しさで話すというのがあるが、それはここでは割愛しよう。

これが、モテる男のテクニックであり、度量の広さ、心の広さを相手に印象付ける技術である。もちろん、実際には心の狭い豚野郎で、ろくに知恵の回らないアホであっても、上記の態度さえ身につければそんなことは問題にもならない全ての30過ぎの独身者たちにこのテクニックを伝授しよう。お前たちのさえない日々もこれですぐに終わるだろう。その後にやってくる退屈な日々については、きっとそれなりの何かがあるだろうし、上記のテクニックがあれば、まあたいていのことはポカンとしていれば大丈夫だ。大丈夫じゃない場合は、どうせもうどうしようもないくらい深刻な事態になっているから、今更騒いでも仕方がない。

例えば、この後に本エントリに投げつけられるコメント。こういうのも、話を聞き疲れて死ぬためだけの人生に添える花であると余裕をもってスルーするのが真の豚野郎であり、モテモテへの試練なのである。

Posted by on 4月 23, 2008 in Family, life

Comments

  • k より:

    女の子に口もきいてもらえない場合はどうすればいいのでしょう?

  • admin より:

    まずは食事マナーの改善だ。左手をテーブルの下に入れるなどの悪癖を改善すれば、あとはモテモテ道を驀進するのみ。

  • doronjo より:

    あー、あれだね。ちゃんと読んだ事はないけど、アホのように流行った「男は火星から、女は金星から」(歯医者の待合室とかにあったりする類いの本ね)に書いてあったけど、女は必ずしも解決策が欲しくて話してるのではないけど、男は解決策を出してしまい嫌がられるってやつ。聞いてほしくて話すってのは男性には理解しがたいみたいね。女性に解決策(特に一刀両断的な)を提示するのは気をつけた方がいいのよね。

  • コメントを残す