T

誕生から一ヶ月が過ぎて

次男が生まれて一ヶ月が経過。

まず身長が4センチから5センチ程度伸びた。それから、体重が誕生時に2,966グラムだったのがなんと今では5キロもある。手足が大きいのが目立つ。ライオンやトラみたいな動物も産まれたばかりのときは猫のようでも巨大な手足がその後の姿を連想させるものだが、きっとこの子も大きくなって父親と同じように服を選ぶときに困るのだろう。

今のところ完全に母乳のみでの育児なので、体重の増加も単純な成長だと思っているのだが、一ヶ月検診が今週なのでそのときに質問してみればいいだろう。

出産時には全身毛むくじゃらで、さすがアイヌの血をひく男だと感心したのだが、今では顔や手足の毛はほとんどなくなり、背中にもぞもぞと産毛がそろうくらいに落ち着いた。

乳児湿疹と呼ばれる赤いぶつぶつが顔や首筋、頭や耳などあちこちに広がっている。聞いたところではこれはまったくもって問題ないとのことなので、思春期の練習だと思って今のところ無視している。特にかゆいなどの不快を訴えるようでもないようだ。大人ならちょっと心配になるくらいぶつぶつなのだが、まあ気にしない。

出産前に区の準備教室で沐浴の練習までしてきたのだが、実際には風呂場でひざの上に寝転ばせてさっさと洗ってもぜんぜん問題なかった。背中や頭は直接シャワーを浴びせても温度さえ異常でなければ大丈夫だ。気持ちがいいのか、いつも洗っている途中でぐーすか寝てしまう。ただし、風呂上りは空腹や急激な温度の違いが嫌なのか、火がついたように泣き出すことがある。まあ、授乳させてしまえばすぐにおさまるのでいいとしよう。どうやら、親がおっかなびっくりで扱っているとその緊張感が赤ん坊にも伝わってしまうようなので、風呂に入れるときは「ほら気持ちいいだろう、ほれ楽しいだろう」とうらやましがりながら話しかけつつ扱ってやるといいみたいだ。

一ヶ月が経過したのでチャイルドシートに載せたり抱っこひもで外出するようになったが、特に嫌がる様子はない。風呂もそうだが、初体験のことに動じないタイプのようだ。これは単純に気質の問題かもしれないので、初物に弱い子供でも、その分きっと物事に慎重だったりいい面もあると思うので、何がよくて何が悪いとは一概にはいえない。まあ、現状の方が親としては楽でいいのは確かだが。

体が大きくなってきた分、泣き声もどんどん大きくなってきて、朝泣き声で目覚めると横で泣いているので頭ががんがんして耳も痛い。自分もきっとこんなんだったんだろうなあ、と思う。あまりにもわがままに泣いていると腹立たしくなくもないので、ここは我慢せず、心の中でちゃんとこのやろーと思うことにしている。よしよしとあやして抱っこしながら、うるさいぞお前は、と口では呪詛を吐くのもいいだろう。見ていないところで怒り狂った猫のようにシャーッと怒りを表すのもいい。とにかく、無理に我慢しないことが肝心だ。スティーブン・キングも話していたが、父親なら一度は必ず息子のことをぶちころしてやると怒ることはあるらしいので、別に異常なことでもない。その証拠に、キングが息子らを殺害したことがあるとはついぞ聞いたことがないし、ちゃんと育っているみたいだから。大事なのは、うまく発散することだ。

うんこの量が増えた。以前ほどちょびちょびと垂れ流しにはせず、ある程度まとめて出すようになってきているようだ。離乳食が始まると臭くなるのだが、今のところ無臭だ。食べてないので無味だとはいえない。小気味よくぷっぷっとおならするのが面白い。

気になるのは、だいぶ出べそになってきたところだ。もっとも、出べそは腹筋がついてくると収まるものらしく、今は小腸がおさまりきらずにへそを下から押し出している状態らしい。確かに指で押せばぶりぶりという感触とともに元に戻り、特に嫌がる様子もない。昔は硬貨を貼り付けたりしていたが、不衛生だしかなり重症になった場合以外は特に対処の必要もないようだ。もっとも、女の子なら気にする親もいるらしく、外科的な処置をする人もいるらしい。きっとへそだしやへそピアスのときに困るという理由からだろうか。

以上がだいたいのところだが、ひとつ書き忘れたことがあるとすれば、もうね、めちゃめちゃかわいいですよ。こんなにかわいいなら、一夫多妻制にしたがる気持ちもわかる。だって、赤ん坊って一度にたくさんは産まれないし、一度産まれたら次はまた1年以上かかるわけだから、もう次から次へと赤ん坊が産まれる状態にしたくなるのも人情というものだ。それだけの甲斐性があれば、もう仕方がないんじゃないかと思う。それに、たとえば「赤ちゃんプレイ」と称して、お金を払えば赤ん坊をじっと見たりちょっと抱っこしたりできるサービスがあれば、結構な人たちが喜ぶんじゃなかろうか。本番と称しておむつを替えられるとかね。

Posted by on 6月 9, 2008 in Family

Comments

  • miho より:

    命がけで出産したあたしの誕生日についてひとことも触れていないことで、どれだけ赤ちゃんがかわいいのか伝わると思う!

  • admin より:

    それは別のエントリで。

  • コメントを残す