T

SoftBankのメールサーバ移設でミスが起きてないか?

近頃どうも奇妙な現象が続いていたのだが、どうやらSoftBankがメールサーバの集約に失敗し続けているようだ。

いつからかはまだはっきりしないのだが、この2ヶ月ほど、何度か突然vodafone.ne.jp宛のメールが送信エラーになることがあり、どうしたのかといぶかっていたのだが、昨日その瞬間を捉えることに成功した。手元にスクリーンショットなどはないのだが、まとめるとこんな感じ。

  • 突然@t.vodafone.ne.jp宛のメールが送信エラーで戻ってくる。
  • ログをみると途中でリレーを拒否されたといっている。
  • telnetで25番に接続してみる
  • 某レジストラのサーバに挨拶される(びっくり!)

というわけで、digでいろいろ調べていたが、1時間くらいでIPアドレスが変わって復旧していた。最初は自分のところのネットワークがSoftBankから蹴られているのかと焦り、次はDNSポイズニングかと思ってさらに焦ったが、telnetしたらさらにびっくりした。きっとその某レジストラは、大量のリレー要求がきてびっくりしていたはずだ。

ちなみにいまdigしてみると

$ dig MX t.vodafone.ne.jp

; <<>> DiG 9.2.4 <<>> MX t.vodafone.ne.jp
;; global options:  printcmd
;; Got answer:
;; ->>HEADER<<- opcode: QUERY, status: NOERROR, id: 35439
;; flags: qr rd ra; QUERY: 1, ANSWER: 1, AUTHORITY: 0, ADDITIONAL: 1

;; QUESTION SECTION:
;t.vodafone.ne.jp.              IN      MX

;; ANSWER SECTION:
t.vodafone.ne.jp.       783     IN      MX      10 mx.k.vodafone.ne.jp.

;; ADDITIONAL SECTION:
mx.k.vodafone.ne.jp.    300     IN      A       202.179.204.119

;; Query time: 7 msec
;; SERVER: 202.224.32.1#53(202.224.32.1)
;; WHEN: Wed Jul  9 19:35:24 2008
;; MSG SIZE  rcvd: 71

こんな感じになっている。

Vodafoneのメールアドレスは東京なら「t」みたいに分かれていたのだが、現在は「k」を向いているらしい。おそらくもともとの母数が少ない上にみんなsoftbank.ne.jpにメールアドレスを変更しているところなので、メールサーバを集約しているのだろう。

まあ、それはいいとして、ttlが短いのがすごく気になる。普通、クライアントの数も相当なものだから、キャリアのMXレコードなんてそれなりの長さに設定しているはずだ。大丈夫なんだろうか。

今回の件は、おそらく旧メールサーバを廃止してどこかに統合する際に、IPアドレスが変更になる場合は普通は旧サーバを残して単純に新サーバにリレーするようにしてくれればいいだけなのを、一気に切り替えてしまって、DNS情報の更新が浸透する前に旧サーバが消えてなくなってしまった状態になったのだろう。で、宛先不明のIPアドレスについては一定期間までレジストラがキープしてくれているだろうから、そっちを向いてしまっていたといったところか。

いずれにせよ間抜けな話だし、おまけに少なくともこの1、2ヶ月くらいは同じミスをちょこちょこやっていそうなので、なおさらひどいものである。

Posted by on 7月 9, 2008 in mobile

コメントを残す