T

CouchDB on CentOS 5.2

CouchDBのセットアップが完了。

SpiderMonkey

ちょっと手順が違うので戸惑うが、JS_DISTでインストール先を指定するらしい。ソースを展開してjs/srcディレクトリに移動したら

# make -f Makefile.ref
# JS_DIST=/usr make -f Makefile.ref export

cURL、libcurl

7.16以上が必要といわれるがCentOS 5.2では7.15なのでソースからビルド。普通に./configure && make && make installでいける。

Erlang

前に書いたとおり。

unixODBC、unixODBC-devel、icu、libicu

全部yumでインストール。

Posted by on 10月 29, 2008 in CouchDB

Comments

  • […] こんな箇所があり、spidermonkeyのヘッダファイルは/usr/includeか/usr/local/include直下ではなくその下のjsかmozjsディレクトリでないといけないらしい。なんなんだ。以前spidermonkeyをインストールしたときの手順に問題があるんだろうか。 […]

  • コメントを残す