T

Rage Against エセ民間療法

 偶然にも二人の著名人がガンに罹患し、片方は亡くなりもう一人もすでに転移して悪化した状態だという。そして、どちらも医療を拒否し民間療法に頼るという間違いを犯した。

 うん、間違いとはっきり言い切ってしまって構わないし言い切るべきだ。

 事例はデータではない。ガンについてこれで治った、これが効いたという宣伝は必ずしもデータに依るものではない。本当なのか、他の要因はなかったのか、検討されている証拠もない。

 よく、科学は万能ではないとかいう人がいる。当たり前だ。誰もそんなことを前提になどしていない。科学への批判としてこれはそもそも理屈が成り立っていない。第一、そうでないと科学は進歩しない。

 でも、科学的手法というものはまた別の話だ。

 もちろん調査に誤りや手違いが起きることはある。当たり前だ。でも、調査そのものを慎重に設計して、十分にランダムなサンプルからデータを収集し、またそれらすべてを公開して、あらゆる方面から誰もが何度も検討することを可能にするという科学的手法そのものは、たとえ科学が万能でなくても、有効性がなくなるものではない。

 ここで少し自分語りをさせてもらいたい。いや、正確には母親のことだけれど。

 検診で母にガンが見つかり、しかもステージ4と診断されてから、世の中には民間療法の宣伝がずいぶんたくさんあることに気づいた。何気なく読んでいる新聞にも、毎日のように書籍や雑誌の見出しに見つかる。医者には行くな、抗がん剤は悪い、ダイエットでガンが治る、などなど。母はなんといっても占いとかが大好きな人だったので、もちろんちゃんとした情報にも当たっていたが、それらの変な情報もあれこれ追いかけていた。そして、有望そうなものがあれば医師にこれはどうだろう、あれはどうだろうと尋ねたりしていた。国立がんセンターの医師はインフォームドコンセントという面でもしっかりした人で、手術で取り除けない転移があること、それらを全部取ると結果生命も失うので、抗がん剤により縮小させて手術可能になったら取り除く方針であること、抗がん剤は強力な副作用もあるが、何よりどれが誰にどう効くのかは使ってみないとわからないこと、そのためにきちんと検診して効果を見極めながら治療する必要があること、などを丁寧に説明してくれたので、最初はショックだった母もた闘うか降参するかしかないことを理解し、闘うことを選択することができた。笑ってしまう人もいるかもしれないが、医師にあれやこれやの民間療法についてアドバイスを求めるのも、母にしてみれば立派な闘いだったのだ。医師はそんな母の変な質問にも、決して嘲るようなことはせず、ひとつひとつ丁寧にその矛盾や誤りを説明してくれた。一番完結な説明は、もしそれが効くと正しい手法で調査され、有意な差が認められているなら、もちろん我々は治療に採用します、というものだった。そりゃそうだよね、と母も納得していた。

 ぼくも納得した。そして、同時に強い憤りを覚えた。普段は気丈に振る舞っているが、実際には母がわなわな震えるほどの強い不安に毎日何度も苛まれているのは知っていた。それを押して週に何度も電車やタクシーで遠くの病院まで通いながら命をかけて闘っている人間に、善人面して嘘や過ちを信じさせようとあの手この手を使う連中がいる。そりゃ多少の気休めにはなるかもしれない。でも、もし誰かが心の弱さや無知からそんなものを本気で信じてしまい、積み上げられた知見から設計された医療を拒否するようになってしまったら、というかあの手の奴らの中には積極的にそういう方向に読者を誘導している輩もいるのだが、それはもう十分に殺人ではないか。生きたいという至極まっとうな欲求を貶めて金をむしり取る行為を正当化できる理由はひとつもない。そんな嘘の本で汚い金を稼いでいる出版社だって、その広告を載せているふざけた新聞だってみんな同罪だ。

 患者が納得しているならいいじゃないか、という意見に与することはできない。死というものはまたその足音を聞いたことのない者には単なる空想の産物でしかない。死に至る病を背負った人の不安なんて自分がそうなってみないとわかるわけがない。そんな状態の患者の判断を尊重するというのは、やっぱりおかしいじゃないかと思うからだ。それより何より、不安に苛まれている人が、正常な判断力を失って間違った方向に進んでしまうことを助長するあらゆる言説を支持するわけにはいかないのだ。

 ステージ4のガンが治る確率など微々たるもので、せっかく手術したって一桁台の生存率がやっと二桁になるくらいが関の山だ。だけど、母は確率もクソもない薄汚い連中の嘘ばかりの甘言に惑わされることなく、最後まで闘い、やがて治療の甲斐なくターミナルケアに移され、そこで短い生涯を終えた。ひょっとしたら、インチキ代替医療を宣伝する連中はそれ見たことかと言い立てるかもしれない。図々しい奴らだから。けれど、息子として一言いわせてもらいたいのだが、母は少なくともあいつらの勧める気休めとやらには勝ったし、今でもそれが大いに誇らしい。

 上の方で民間医療に頼ってしまった二人を、間違っていると書いたけれど、それは両人を断罪したいからでは決してない。死への恐怖は人から正常な判断力を奪い、また世の中には支えが必要なそんな状態の人たちを食い物にする鬼畜がいて、そいつらを駆逐するには、やっぱりそういうのは間違っていると常に言い立てることが必要だからだ。なので、困っている人たち、本当に助けが必要な人たちの、生きたいという願いを悪意からでも善意からでも邪魔する連中が消え去るまで続けるつもりだ。

優しいことばを使おう

先日、母の墓参りと法事に寺に行ってきた。法事というのは、まず一通り挨拶を済ませてから、お坊さんがよく通るテノールでお経を詠唱し、参列者はその間に故人との親等が近い順に焼香する(線香の粉みたいな香りのいいものを火にくべる)。このタイミングで、いったんお坊さんによるブレークがあり、続いて彼のリードで今度はオーディエンスも一緒になって般若心経やその他の文言を唱えてフィナーレに至るのがだいたいの式次第で、真言宗智山派では少なくともアンコールはない。

今年の法事も無事終わり、墓参りをして、線香や花などを手向けてきたのだが、その間、ずっと気になっていたことがあった。般若心経をお坊さんとシンガロングしようとしても、余程慣れた人でないといまいち歌詞がわからない。ましてや、サンスクリット語らしい呪文みたいな言葉なんてどうやって覚えていいのかもわからない。そこで、われわれのようなライトなブディストのために寺の方でよみがなつきのお経ハンドブックみたいな冊子を用意してくれている。なんとなしにパラパラめくりながら眺めていると、「十善戒」という、真言宗の偉い僧侶が広めたよりよく生きるための10のルールというのを見つけた。どこかパレスチナあたりが起源の宗教のやつにかなりかぶっているが、江戸時代の人だし、たぶんパクリではないのだろう。十の戒めが全て「不」の字で始まる三文字で並んでいる。真言宗ではこの教えはとても大事なものであるらしく、寺の本堂の壁にも十善戒が一言解説と一緒に掲示されていた。「不殺生(ふせっしょう)、故意に生き物を殺しません」「不偸盗(ふちゅうとう)、与えられていないものを取りません」「不邪淫(ふじゃいん)みだらな性的関係を持ちません」と順に読み進めるうちに、ある一行に目を奪われた。真言宗の教えとして、現代語に直すとこのようなモットーが称揚されている。曰く:

「乱暴な言葉を使いません。」

これには正直、心を打たれた。私の職業はソフトウェア開発者である。この職業に就いている者の大半がそのコミュニケーション技術は税理士の次くらい、つまりほぼ皆無といっていいほとであり、愛想を振りまく人間的器量のひとつも持ち合わせていない。そのため毎日が辛く暗い少年時代に、日がな一日ずっと真っ黒なターミナルの画面に全てを忘れて没入し、奇怪な文字列を打ち込み続けることでいつしか友達がいなくても大丈夫になったような連中だ。それが、インターネットの時代の到来とともに、突如としてコミュニケーションが楽しい友人たちとのおしゃれで素敵な会話から、TCP/IPによるネットワークを駆け巡るパケットに取って代わったため、望んでもいなかったのに、ターミナルの画面から先に広大な荒れ地を見いだすことになってしまったのである。そこには秩序があり、無秩序があった。だがその無秩序でさえ、ある種の秩序を見いだすことは可能だった。やがて、そんな新世界にも、人間たちがあふれかえるようになった。そして、まだ旧世界の秩序の感覚しか持ち合わせない哀れな新参者たちが、迷える羊の小集団のように相互リンク、相互フォロー、レスに次ぐレスといった旧態依然たるルールで不格好なネット生活を営み始めた。プログラマたちがそれを知ったとき、ディスプレイに映り込む死んだ魚のような目がカッと見開き、書いたプログラムが動くか動かないかで白黒が完全に決まる純然たる二項対立的評価軸に慣らされた新世界の秩序と、短く効率的なコードの有用性を知り尽くしているがために身に付いた身も蓋もない単刀直入な突っ込みによる会話で入植者たちのオンボロ小屋に殴り込みをかけたのは、恨みの感情からではない。このルールは数十年前から公示されており(おそらくアルファ・ケンタウリにある出張所で)、ルールを知らないと泣き言を垂れたからといって交通違反の罰則は軽減されるべきではないのだ。

ネットにおける先住民たちと入植者たちの軋轢は日々深まっていった。旧世界の秩序を持ち込む入植者たちに対して、モヒカン族に代表される先住民たちは、いまやその圧倒的な物量の差により自分たちの敗北が時間の問題であることを悟りながらも、せめて2038年まではと絶望的な局地戦を繰り広げている。われわれの手元にはストレートな物言いと技術的な知識という、革命を起こすには微笑ましいほどの無力な武器しかない。そんな悲しい物語こそが、われわれの使う言葉の乱暴さの背景なのだ。乱暴な言葉遣いなどというものが出来ることなどたかが知れている。かつて無限の可能性を垣間見せてくれたネットの世界も、もうすぐ優しい言葉遣いで飼い馴らされた連中によって制圧されようとしている。だが、もはやそれを眺めているくらいしか打つ手もないのだ。

さて、真言宗の話に戻る。私が感動したのは、真言宗がケチくさい小市民的ルールを提唱して従順な人間の調教に心理的圧力でもって加担していることではない。「口を開けば言葉は裏切る」とはよくいわれるが、真言宗はそれを戒めのかたちでわれわれに提示しているのだ。そう、例の「不」で始まる三文字の頭韻が奏でるのは抑圧のテーマではなく、本当は解放の歌だったのである。バカにされると傷ついちゃうー、とかいう奴らのことなんか気にするな。真言宗はそう教えている。すなわち、十善戒いわく:

不悪口(ふあっく)

乱暴な言葉を使いません

ふあっく!ふあっく!

Lux Interior享年62歳

The CrampsのLux Interior亡くなっていた

画像を追加。

明日も遊ぶら

かみさんの実家のドアにセミの幼虫がよじ登っているのを見つけた。ピンボケだが、セミは暗いところでしか羽化しないので仕方がない。

Wikipediaによればこうして羽化したセミたちが地上で飛び回るのは、野生のセミだとだいたい一ヶ月くらいといわれている。数日から一週間というのは、成虫の飼育が困難なためにうまれた俗説らしい。もっとも、詳細についてわかっているわけではないのだが、夏の終わりと共に姿を消すことから、だいたいそれくらいというのも外れてはいないはずだ。ちょうど子供たちの夏休みの期間、セミは成虫の姿となる。

数年間、土の中で孤独に暮らしてきたセミたちが、この夏の間だけ、自由に空を飛びまわって、別の固体と出会い、交尾して、産卵する。夏といえば人間もそんな感じで休暇になり、遊びに出かけ、出会いがあったり、別れがあったり、それぞれの人間ドラマを演じたりする。子供たちなら、永遠に続くかのような夏休みの日々を、朝から遊びに出かけて、喧嘩したり、仲直りしたりしながら、日が暮れる頃には元気に「また明日も遊ぼうな」と叫びあいながら、家に帰る毎日があるわけだ。

そして、セミの世界では、また明日と別れても、明日になったらみんながみんな死んでいたりするのである。

そんなセミの夏を、子供らの夏休みとうまくからめた佳作「約束の夏 おじゃるとせみら」は8月17日に教育テレビで放映される。かみさんは毎年これを観ておいおい泣いている。

とりあえず、明日になったらみんな死んでたというホラーな状況について書きたかっただけなのに暗くなってしまったので、関係ないがまめぞうでも載せておこう。

だいぶ首がすわってきた。

まつ毛がのびてきた。

「チューするんじゃねえよおっさん」と言いたげなまめぞう。

誕生日だった

一昨年はキリスト、去年はチャーリー・パーカーの没年を越えたわけだが、今年はアンディ・フグ、hide、カンニングの中島、鷺沢萠、穂積由香里などなどに並んだ。

死を忘れるな

yomoyomoさん。

        

健康に気をつけるお年頃

ヒリー・クリスタル死去

CBGBを作った人、ヒリー・クリスタルが肺がんにより75歳で亡くなった

こっ恥ずかしい話ではあるが、高校生くらいの時、CBGBのノンフィクションを読んで、結構人生が揺らいだんだよな。

リチャード・ローティ享年75歳

スタンドード大学のサイトWikipediaみたいに素早い更新はないみたい。

というわけで、テリー・イーグルトンの敵、リチャード・ローティが亡くなりました。訃報はこちら。朝日新聞のサイトってページが消えるから嫌なんだよな。

Boing Boing: Kurt Vonnegut, RIP

カート・ヴォネガットが死んじゃった!

Boing Boing: Kurt Vonnegut, RIP:
Kurt Vonnegut, one of the greatest American writers of the 20th century, is dead. Oh, shit. Vonnegut wrote 14 novels. He had fallen several weeks ago and received brain injuries. He was 84.

あるいは、トラルなんとか星に帰ってしまった。

最後に読んだのはこれかなあ。臨終の言葉は本当に「人生とは動物一匹、ネズミ一匹にすら役にたたないものである」だったんだろうか。

未来の葬式

http://www.miraisoso.jp/bear/bear.htm

お骨をテディベアに入れて保管する、というコンセプトが驚きだ。海洋葬と散骨のメニューが充実している。

「相続問題のご相談」という欄に

身近に起こりうる相続問題、遺言作成などに関し、学識経験者(民俗学者)・弁護士・行政書士がご相談を承ります。

なぜか民俗学者が入っている。

Technorati Tags: