T

実況パワフルメジャーリング3雑感

発売当日に購入してさっそく長男と遊んでいる。彼の目下のお気に入りはクリーブランド。C.C.サバシアを放出するなど現実世界のトレードも取り入れて本格的にやっている。

いくつか気づいた点を。サクセスとかには興味がないので飛ばす。前に書いた点については、ペドロイアはちょっとパワーがありすぎで、グリーンはまだ足が遅すぎだが、概ね改善されている。特に、打者のパワーがちょっとインフレ気味だった前作と比べると適正値になっていると思う。2では現実的にはあり得ないトレードが成立してしまうという不満もあったようだが、そこは微妙なところ。

ゲームの出来だが、2では実は俊足のランナーが一塁に出たら牽制球を投げ続けると必ずピックオフできるというがっかりな問題があったのだが、それについては改善されているようだ。それからカーブさえ投げていればよかったような面がなきにしもあらずだった前作と比べると、バッターがカーブをとらえる場面が多い。

トレード関連では、ボストンがショーン・ケイシーをファーストに起用してユーキリスを開幕時にAAAに置いているので簡単にトレードできる。これはお買い得なのでぜひお勧めしたい。それから開幕時にどことも契約していない選手の中にスコット・ハッテバーグがいて、かなりいい選手として設定されているのが目立つ。DHまたは一塁の控えとしては使いやすいだろう。皮肉なことにハッテバーグを追い出したかたちでオークランドの一塁手になったダン・ジョンソンもフリーなのでトレード要員として便利かも。それから、野茂がかなり使えるのはちょっと贔屓の引き倒しな気もする。

いつものようにオークランドでプレー中に成功したトレードは主なものではジャヴァ・チェンバレン(チャド・ゴーディンと交換)、ライアン・ジマーマン(フリー選手のライアン・ランガーハンスと交換したジェイソン・ベイと交換)、ケヴィン・ユーキリスとジョン・レスター岡島(フランク・トーマス、アラン・エンブリー、あと誰か忘れた人と交換)、アンドレ・イーシアー(大量トレードで獲得していたリッチ・ヒルと交換、後でヒルは取り返した)、ザック・デューク(誰と交換したかは忘れた)などなどなど。マイク・スィーニーも放出してしまったので相変わらず年俸総額は極端に安い。

パワプロメジャーリーグ3

今日が発売日である。

なんか北米版だと選手データを編集できるのに日本語版だと出来ないとか、日本語版の方が高いとか文句いわれているようだが、選手の編集なんかしたくないし、北米版が日本語音声になるのか知らないからどうでもいい。

個人的には、不当に評価の低かったダスティン・ペドロイアカリル・グリーンがちゃんと是正されているか、特定の変化球(特にカーブ)が異様に効果が高くてバランスを崩さないかが気になる。それと、40人ロースターにちゃんと対応しているか。正直、育成には興味がない。